ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2002年に登場した、相模鉄道の10000系です。

これまで相模鉄道は、直角カルダン駆動や電気直通ブレーキを近年まで採用するなど、車両技術の導入に対する独自の考えを持ち、近年まで他者とは異なる特殊な設備を持つ車両を導入してきました。

しかしながら、この10000系ではその考え方が180度転換され、最新の技術をより低コストで導入すべく、他の鉄道事業者で既に運行しているものと共通の車両をこととされました。

10000系は、JR東日本のE231系をベースに作られた車両で、前面のデザインなどをのぞけば、そのほとんどがE231系と共通となっています。



相模鉄道の11000系です。

今のところ、同鉄道の最新鋭車両です。

10000系が、JR東日本のE231系に準じた車両であったのに対して、こちらはE233系ベースの車両です。

2009年から20011年にかけて10両編成5本が導入されました。

写真の編成は、同鉄道のゆるキャラ「そうにゃん」を描いたラッピングを車体に貼り付け、「そうにゃんトレイン」として運用されています。

ところで、相模鉄道では8000系や9000系などでは、セミクロスシート車も連結していましたが、10000系・11000系では採用されず、オールロングシート仕様のなっています。

やはり、コストやはり混雑緩和の問題があるのでしょうか。


相模鉄道、7000系と11000系、新旧車両の並びです。

現在、相模鉄道の車両の増備などは一段落しているようですが、2018年度以降に予定されているJR線や東急線との直通運転に向け、新型車両の導入を計画しているそうです。

新型車両20000系(仮)については、ゼロベースでの開発で、従来導入されていた11000系とは全く異なり、特徴的な前面デザインになるそうです。

まだ、具体的な仕様や導入時期などは分かりませんが、これにより既存の7000系などは置き換えられる可能性も高いと思われます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。