ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


京成3600形です。

8両編成化の際に余剰となった制御車を電装化して組成された6両編成1本を除き、先頭車は制御車となっていることから、都営浅草線(押上-西馬込間)は入線可能ですが、京浜急行線には乗り入れることはできません。

また、北総線や成田スカイアクセス線乗り入れの対応もされておらず、6両編成最長の千葉線・ちはら線や4両編成限定の金町線でも運用できないことから、もっぱら本線内の快速特急や特急(京成上野-成田空港間)や西馬込-京成佐倉間の快速などを中心に運用されています。

上記の6両編成1本を除き、制御方式が界磁チョッパ制御と旧式ですが、他社のようにVVVFインバータ制御化する動きは、今のところありません。


後追いの写真ですが、京成3400系による、特急上野行きです。

京成電鉄では希少価値となった普通鋼製車です。

車体を新製し、台車や制御機器、主電動機など足回りは廃車した旧AE車からの流用品を流用した、更新車であることは、皆さんご存知の通りです。

この車両が導入された時期は、北総鉄道の高砂延伸や本社の債務超過などで京成電鉄自身に資金的な余裕がなく、8両編成の車両を少しでも安く増備する必要がありました。

現在は、最新の技術を導入したエコな新車を積極的に導入し、老朽車両を置き換える方向で、車両の増備がおこなわれているので、今後は3400形のよう車体更新車は導入されないものと思われます。



3000系とともに京成電鉄の主力として活躍する3700形です。

そのほとんどが8両編成で、特急などどの優等列車を中心に使われています。

都営・京急にも乗り入れていて、3050形の代わりに成田アクセス線で運用されることもあるそうです。

6両編成も2本あり、こちらは普通列車を中心に運用され、ちはら線などにも入っているそうですが、残念ながら見たことはありません。


千葉ニュータウン鉄道の9100形です。

同社が住宅・都市整備公団時代に導入された車両で、3編成が在籍しています。

デザインをかなり凝った車両ですが、基本的には京成3700形と同一の設計です。

ならば、僅か3編成の為にあらためてコストをかけて外観を変更しなくてもよさそうな気もしますが、やはり同社としても、オリジナルを強調したかったのでしょう。

そう思っていたら、その後登場した9200形では、京成3000形と外観デザインも含めて殆ど同一の車両となりました。

この車両、前面が流線型でかっこいいです。





北総鉄道の7500形です。

8両編成3本が在籍していますが、京成線や京急線内でも、結構良く見かけます。

京成3000形と同一仕様の車両ですが、3050形のように、例えば前面のデザインをほんの少しだけでも変更して、北総鉄道ならではの個性を出した車両にして欲しかったです。

(かつての個性的なゲンコツ電車、7000形はとても個性的でした。)

北総鉄道の車両の運用範囲は、成田スカイアクセス線開業後も変わらず、北総線内では京成高砂ー印旛日本医大で運用され、成田空港までの乗り入れは行っていません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。