ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


上田電鉄の7200系です。

今回の上田訪問の目的は、この車両を撮ることでした。

現在、上田電鉄に在籍している7200系は2両編成2本の4両編成で、モハ5250形のイメージを再現した、「まるまどりーむ号」となっています。

外装は、元々は無塗装ステンレスの車体に対して、ラッピングで5000系導入以前のクリームと紺色のツートンカラー
に変更され、一部の側窓もシールの貼り付けで丸窓が表現されています。

車内もカッティングシートによる木目調に改装され、かつての車両の雰囲気を演出しています。

今回上田電鉄を訪れた際は、下之郷駅て休んでいました。



上田電鉄1000系の元となる東急1000系は、1988年に登場した車両で、軽量ステンレス車体やGTOサイリスタ素子によるVVVFインバータ制御、回生ブレーキ併用電気指令式空気ブレーキ、ボルスタレス台車などを装備し、車歴もそれほど古くない車両です。

設備も最新とまでは行かないものの、上田電鉄としては地方ローカル私鉄としては極上の車両を導入できたことなり、他の地方私鉄からは羨ましがられているかも知れませんね。

なお、回生制御については、導入当初は変電所が対応していなかったため使用されず、空気制御のみを常用していたそうです。

このような立派な車両で運用されることは、利用者にとってはとてもありがたいことでしょうが、鉄道マニアにとっては、やはり昇圧以前時代の車両の方が、それぞれ個性もあって良かったように思います。



上田電鉄1000系は、従来運用されていた7200系に置き換え用として、2008年から2009年にかけて4編成8本が導入されました。

元東急1000系であることは一目瞭然ですが、上田電鉄では、1編成2両で運用されています。

東急から上田電鉄に譲渡される際、モハ1000形の運転台寄りにパンタグラフを増設、及びパンタグラフのシングルアーム化、車内暖房の強化、運転台への地方型ワンマン運転対応設備の追加、クハ1100形への車椅子スペースの追加、ATS機器の交換などの改造工事が実施されています。

在籍4編成のうち、2編成は「自然と友達」バージョンのラッピング電車となっていますが、残りの2編成はステンレス車体に赤帯の東急時代の外観となっています。


下之郷駅に到着する、1000系1003編成です。

1003編成が運行を開始したのは2009年12月ですが、導入に際しては長野県出身の有名デザイナーが手掛けたラッピング電車、「自然と友だち2号」となりました。

「自然と友だち」は2編成ありますが、18種類の昆虫や動植物がシンボルとしてデザインされ、赤・黄色・青のドアの色は、それぞれ愛情・大地・環境を表しているそうです。

今回乗車した「自然と友たち2号」は黒を基調としたデザインとなっていますが、これより前に導入された「自然と友たち1号」では白を基調としたデザインとなっています。

今回は残念ながら、1号は見ることができませんでした。



しなの鉄道から上田電鉄への乗り換えは、時間的な余裕がほとんど無く、とりあえずホームに停車している列車に乗り込みました。

列車はすぐに出発。

乗車した車両は、現在上田電鉄の主力となっている元東急の1000系1003編成で、「自然と友たち2号」という名のラッピング電車になっていました。

別所線での列車運用の要は、上田駅と別所温泉駅の中間ぐらいにある下之郷駅で、ここには車庫もあり駅員も配置されているので、とりあえずここを目指すことにしました。

写真は、下之郷駅に着いてとりあえず撮った1枚。

1000系10003編成です。