ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


蘇我駅に発着する貨物列車を牽引する機関車は、そのほとんどがEF210となっていますが、まだ一部でEF65やEH200も乗り入れています。

貨物の時刻表で確認したところ、午前中EF65牽引の貨物列車が到着することになっていたので、これを狙って撮りました。

機関車は新鶴見機関区のEF65-2063でした。



千葉機関区に向かうEF210-118号機です。

蘇我駅まで貨物列車を牽引してきた機関区は切り離され、ここを通ってう内房線沿いにある千葉機関区まで回送され、パンタグラフを下ろして次の出番まで休みます。

千葉機関区には車両の配置はなく、ここは機関区の休憩所・待機所みたいな形で使われています。

首都圏や東海道筋、名古屋など、直流区間はどこに行ってもこの機関車ばかり見かけるので、少々退屈です。

このあと、EF65牽引の貨物列車が蘇我に到着予定なので、それまでここて待機です。


京成千葉線・ちはら線で運用中の3700形です。

千葉・ちはら線に乗り入れできるのは6両編成までで、3700形は8両編成ばかりでこの路線では見かけたないだろうと思っていたので、多少驚きました。

3700形は、8時編成15本(北総リース車含む)の他に、6両編成も2本在籍していました。

6両編成2本は、2000年に導入された
6次車で、このグループから3700形としてのマイナーチェンジ(前面のライトの形状を変更他)が実施されました。