ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


伊豆箱根鉄道駿豆線の3000系です。

1979年から1997年までの間に3両編成6本(計18両)が増備され、それまで同線で使用されてきた17m級の旧型車両(そのほとんどが西武鉄道や旧国鉄からの譲渡車で非冷房)を置き換えました。

1000系以来の自社発注オリジナル車であり、この車両で採用されたカルダン駆動方式や冷房装置、発電ブレーキ併用電気指令式ブレーキは、いずれも同社初のものだそうです。

1979年から1982年までに製造された4本(12両)は、車両が普通鋼製となっています。

写真は普通鋼製の3000系です。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する