ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


重連の手前のデキは、ED458です。

1950年に東武鉄道ED47形として東芝府中工場で製造、1955年にはED5001に改番され、1978年まで東武鉄道で活躍しました。

翌年に右運転化・重連総括制御装置取り付けなどの改造を受け、三岐鉄道に入線しました。

車歴が63年目と既に還暦を超えているんですね。

特に引退の話も聞きませんが、永く活躍して欲しいところです。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する