ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以前日光線で活躍していた107系は2両編成でしたが、特にきちんと運用を調べたわけではないのですが、運用の大半は2連併結の4両編成で走っていたような気がします。

新しく導入された205系は4両編成基本となっていますが、そこそこ利用客もいるので、あえてコストをかけて2両編成に改造する必要もなかったのかもしれませんね。

クハ205・クハ204は、600番台への改造の際に前面に電気式連結器が装備されました。

これは、4両編成2本での併結を考慮されたもので、日光線ではあまりないと思いますが、宇都宮線では通勤時間帯などで、8連での運用を見ることができます。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。