ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


工場内で展示されていたEF64 1035号機です。

解体中の1049号機と違って、こちらは完成品(?)でパンタグラフも上がったままの状態で公開され、運転室も見学することができました。

そんなに古くない機関車のイメージを持っていましたが、よく見ると車体のあちこちで車体の傷みなどが見受けられました。

1982年の登場なので、もう30年以上走っていることになり、それなりに老朽化していてもおかしくないですね。

最近はJR貨物塗装ばかりになってしまいましたが、国鉄標準色みたいな濃い青色の方がこの機関車には似合います。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する