ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


検査の為、分解されエンジンを外されたDE10です。

工場の中でないと見られない写真ですが、この機関車の特徴がよく分かります。

汎用性と牽引能力の両立を狙った為、出力が1250PS又は1350PSというV型12気筒の高性能エンジンを1基搭載。

その為、凸型スタイルですが全長もそれなりに短くしたので、エンジンを搭載した第1エンド側が極端に長く、横から見ると左右の長さがアンバランスです。

なお、エンジンは牽引力重視の方向でチューニングされているようで、最高速度はDD51の95km/hに対して、DE10では高速段(85km/h)と低速段(45km/h)の切り替え式となっています。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。