ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


秩父鉄道6000系の側面を撮った写真です。

よく見ると、車体中央の窓だけが1枚の大きな固定窓になっていて、となりの窓との間隔が広くなっていますが、ここは元々両開きの扉があった部分で、扉を埋めたためにこのようになりました。

車内には元特急用のリクライニングシートを再利用したボックスシートとなり、この大型窓の部分にもボックスが設置されていますが、窓が大きい分、ここが一番車内からの眺めが良いかも知れませんね。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する