ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


G/W後半に、実家のある会津若松に帰省しました。

今回は、自家用車ではなく鉄道での帰省となったのですが、東京~会津若松間の移動では、JRを利用しての郡山経由よりも、東武~野岩鉄道~会津鉄道の裏ルートの方が安いので、今回は後者の裏ルートで帰省しました。

自宅の千葉から始発電車で浅草へ行き、浅草からは7時10分発の快速で鬼怒川温泉に向かいました。

快速は、6050系の2両編成3連による6両編成で、先頭2両は野岩鉄道・会津鉄道直通で会津田島行き、真ん中2両はその途中の新藤原止まり、最後尾2両は下今市切り離しで東武日光行きでした。

鬼怒川温泉には9時半過ぎぐらいに到着、ここで乗り換えです。

写真は、鬼怒川温泉駅で乗り換えとなる列車を待っている間に撮った、上りのローカル列車です。

このあたりのローカル列車は、ほとんどが6050系による運用です。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。