ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


6050系は、6000系の置き換え用と、開業後の野岩鉄道鉄道乗り入れなどを目的として増備された車両です。

そのため、これは東武の車両によくありがちなのですが、6000系の車体更新車と完全新製車の両方が存在します。

車体更新車は、6000系から主電動機・CP・台車などの機器を流用する、車体更新車として2両編成22本導入されました。

これに対して、完全新製車は更新車の導入後に増備されたグループで、2両編成7本が新製されています。

更に興味深いのは、この6050系は東武の他に野岩鉄道でも2両編成2本、会津鉄道でも2両編成1本を所有していることで、こちらは完全新製車で外部塗装も含めて東武の6050系と全く同じ車両です。

車体更新車と完全新製車では台車が全く異なるので、これで見分けがつきます。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。