ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


栃木駅の待避線に入った、東武8000系です。

現在廃車の進む8000系ですが、東武鉄道のHPの数字を見ると、8000系の現在の車両数は388両、800型・850型を含めても計418両となっています。

HPの数字がいつの時点のものか分からないのですが、今日現在では更に少なくなっていると思われます。

20年に渡り712両も製造され、私鉄最大の保有車両数を誇っていた8000系も、ここ6~7年程度でかなり廃車が進んだようですが、それでも現在でもなお大所帯です。

あの8000系の聖地であった野田線も、遂に10300系、そして60000系といった後継車が入ってきたし、今後8000系の淘汰は加速して行くかもしれませんね。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する