ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ホームで待つ間、209系とともに良く見かけたのが217系です。

209系ベースというか、209系を基本に近郊型に発展させたのか217系。

しかしながら、4ドアを採用し、基本編成の11両中グレーン車と平車3両を除き、車内の座席をロングシートとしてしまった為、近郊型と通勤型の車両の区別が良く分からなくなってしまった車両です。

(JR東日本の車両では、E231系~E233系と続く中で、近郊型と通勤型の区別がなくなりました。)

その後、房総ローカル用に転用された209系は、通勤型にもかかわらず、6両編成・4両編成とも先頭車がセミクロスシートとなり、余計に区別が付けにくくなりました。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。