ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


2002年に登場した、相模鉄道の10000系です。

これまで相模鉄道は、直角カルダン駆動や電気直通ブレーキを近年まで採用するなど、車両技術の導入に対する独自の考えを持ち、近年まで他者とは異なる特殊な設備を持つ車両を導入してきました。

しかしながら、この10000系ではその考え方が180度転換され、最新の技術をより低コストで導入すべく、他の鉄道事業者で既に運行しているものと共通の車両をこととされました。

10000系は、JR東日本のE231系をベースに作られた車両で、前面のデザインなどをのぞけば、そのほとんどがE231系と共通となっています。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する