ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


1990年に登場した、相模鉄道の8000系です。

個性的な前面のデザインは、個人的にはイマイチ馴染めません。

制御方式は、既に7000系の後期車がインバータ制御方式で導入されていたこともあり、8000系では回生ブレーキ付きのGTO素子のVVVF制御となっています。

8000系で評価されるべき点は、セミクロスシートを本格採用したことです。

セミクロスシートは、一部7000系で試験的に採用されたことがありましたが、この結果を受けて導入されたもので、10両編成中2両しかありませんが、セミクロスシートはこのあと9000系でも採用されました。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する