ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


常陸大子駅に停車中のキハE130形3両編成による普通列車です。

水郡線では、従来より2扉車のキハ110系が活躍していましたが、水戸口での混雑が著しく、列車遅延の原因ともなっていました。

その混雑緩和を目的として2006年間以降に導入されたのが3扉車のキハE130系で、片運転台で2両編成と両運転台の車両が計39両が導入され、水郡線の全ての列車がこの車両になりました。

キハ130系の車体はE231系の構造を踏襲した広幅のステンレス製軽量車体。

仙台地区などに導入されたE721系や新潟地区に導入されたE129系やキハE120系も同様ですが、いまどきのJR東日本の一般形車両は、全てE231系・E233系がベースとなります。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する