ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


那珂湊の構内に留置されている、キハ203です。

元国鉄のキハ20形429で、1961年に広島機関区に配属、1984年に鹿島臨海鉄道に譲渡され、ひたちなか海浜鉄道(当時は茨城交通)には1991年に導入されました。

2006年までには廃車になり、その後はの場所に留置されていましたが、2009年に首都圏色に塗装され、展示車両としてそのまま保管されています。

イベントでも使用されているようです。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する