ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


写真は、大洗鹿島線の列車が水戸駅に到着したところです。

水戸駅では、一番東側端の8番線に列車は停車します。

大洗鹿島線を利用客は、県庁所在地である水戸側が多く、列車は水戸~大洗間では1時間に2~3本走るのに対して、大洗より先のに鹿島神宮方面は1時間に1本程度の運転となります。

この為、鹿島臨海鉄道の本社や車両基地(大洗車両区)も大洗駅にあり、こちらがこの鉄道の拠点となっています。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する