ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


写真は、列車交換の為、駅のホームに停車中に反対側から来た2両編成の列を撮ったもので、大洗鹿島線の主力として活躍する6000形です。

国鉄キハ37をベースに設計された車両だそうですが、この車両を個人的に評価している部分は、車内のセミクロスシートです。

特に、クロスシート部分は転換クロスシートとなっていて、乗り心地は悪くないでふ。

しかしながら、今年デビューした、後継車の8000形は3扉のオールロングシートになってしまいました。

やはり、2扉セミクロスシート車はラッシュ時などでは使いにくいのでしょうが、個人的には残念な気がします。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する