ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


四日市港の先にある、太平洋セメント四日市出荷センターの構内です。

三岐鉄道の東藤原駅から発送されるセメント列車は、最終的にはここまで運ばれてくるのですが、現在は1日5往復程度となっているようです。

構内では、列車が到着すると、スイッチャーが慌ただしくタキの入れ替え作業を行っていました。

こんな光景も、かつては全国あちこちで当たり前に見られたのでしょうが、今では貴重な存在となっています。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する