ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


写真は、太平洋セメント四日市出荷センターから、空車のタキを牽引してきた、DD511です。

四日市駅から旧四日市港駅に伸びる側線は、可動橋を渡ると右カーブを描き、太平洋セメントの専用線と合流します。

四日市駅かDD51で牽引されてきたセメント列車は、ここで太平洋セメントとの受け渡しが行われ、スイッチバックの形でこのスイッチャーに牽引されて太平洋セメントの構内に向かいます。

セメント列車から切り離されたDD51は、ここで空車のタキ列車を受け取り、四日市駅に向けて出発します。

今回の遠征の目的の一つは、この受け渡しの様子を見ることでした。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。