ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


サンテパルク田原に静態保存されるデワ11の車内です。

電動貨車は、静岡鉄道でも同様の車両がありましたが、車内に入ったのは初めてです。

車内のは作りが木造となっているのが、製造された時代を感じます。

ワム1両にも満たない程度の積載スペースですが、貨物需要がこの程度のしかない小規模な鉄道では、こうした車両が使い勝手が良かったのでしょう。

渥美線の場合、電動貨車は導入されたものの、小型車の為、増加する貨物量に耐え切れず、晩年まで構内の入れ替え用としてずっと使われていたようです。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する