ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


豊橋鉄道1800系の1802F編成です。

この編成は「ハマボウ」という植物をデザインし、茶色がイメージカラーとなっています。

ハマボウは、本州南部や韓国済州島・奄美大島などに生息する植物で、夏の盛りに鮮やか夏レモンイエローの花を咲かせる、ハイビスカスの仲間だそうです。

渥美半島が自生する北限となっていることから、ハマボウは愛知県の天然記念物に指定されています。

1802F「はまぼう」は、残念ながら、今回訪問したときは運用されておらず、検査中なのか、編成をバラして車庫で寝ていました。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する