ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


高師駅構内の下り、三河田原側は、本線の両脇に側線があり、向かって左側には車両基地があります。

写真では、右から2番目の真っ赤な1800系(1801F編成)が走っている(後追いで撮影)のが本線で、その左側が車両基地になります。

この車両基地では、2001年4月に構内で火災が発生し、休憩室のある建物が全焼、検修建屋(18m車両2両2本分収容可能)が半焼しましたが、この後、検修建屋は新しく建て替えられました。

なお、この火事が発生した際に車庫に留置してあった1800系のうち2両がその被害を受け、使用不能となりました。

この為、部品取り用に確保してあった、予備車2両が整備され営業運転に就き、更に2008年に上田電鉄から同型の車両(元東急7200系)2両の譲渡を受け、さらに残っていた予備車1両と編成を組み、3両編成で営業運転に就きました。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する