ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


根岸駅構内に顔を見せた、神奈川臨海鉄道本牧線のスイッチャーです。

神奈川臨海鉄道本牧線の起点は、根岸駅ですが、列車の本数は1日3往復程度しかなく、ほとんど存在感がありません。

やはり、ここの主役はJXエネルギーのタンク車とその入れ替え作業です。

本牧線向けのコンテナ列車は、根岸線の桜木町方面から到着すると、構内のホームに一番近い側線に入線し、その後構内の片隅で待機してきた神奈川臨海鉄道のスイッチャーが、すぐに列車を牽引して本牧方面に出発してしまいます。

上り列車もその逆で、かなりんの機関車をじっくり撮るなら、ここよりも横浜本牧駅に行った方が無難です。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する