ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


銚子電鉄3000形と2000形の並びです。

伊予鉄道から譲渡を受け、何とか車両の更新を行った銚子電鉄ですが、3000形導入にあたり、その購入額は130万円でしたが、輸送費や改修・検査などに約7500万円程度のコストがかかっているそうです。

銚子電鉄は、2013年に自主再建を断念し、「もやはこれまでか」と思われましたが、その後一時的に結成された対策協議会による協議などを経て、経営改善計画が打ち出され、現在に至っています。

3000形の購入資金も、その一部は国や県、市などによってまかなわれているとのこと。

銚子電鉄には、今後も存続の方向に進んでいくことを、強く期待したいものです。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。