ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


竜ヶ崎駅で車両などを撮った後は、そのまま車で鹿島・神栖方面に行き、鹿島臨海鉄道の貨物列車を撮りに行きました。

鹿島臨海鉄道のうち、貨物輸送を行っているのは、鹿島サッカースタジアムから臨海工業地帯や鹿島港方面に伸びる鹿島臨港線です。

鹿島サッカースタジアムから神栖までの区間では、貨物列車(高速貨物列車)が1日2往復設定され、そのうち1往復が昼頃に運転される為、今回これを狙いました。

かつては、鹿島臨港線でも旅客輸送が行われていたこともありましたが、1日3往復のみの運転で、同区間を走るバスよりも割高だったことから廃止となり、現在は貨物輸送のみとなっています。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する