ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


EF210に続き、こちらも蘇我駅構内で見かけたEF65-2083です。

現在到達の進むEF65ですが、数年前から2000番台が登場しています。

国土交通省の省令により、100km/hを超える運転を行う車両には新たな保安装置(運転状況記録装置)の搭載が義務化されました。

JR貨物では、数年で廃止予定のPF機に2000万円近くの機械を取り付けるのはもったいないことから、こうした未設置でかつ数年で廃車する機関車は100km/hを超える運用から外しました。

しかしながら、それでは既にこの保安装置を設置しているJR旅客会社のPF機と区別が付きにくくなることから、こうしたJR貨物の機関車に対して、原番号に+1000を付加して、2000番台としたそうです。

そのため、改番の際に行われた改造といえばナンバープレートを交換したぐらいで、その他は何も変わっていません。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する