ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


小田急3000形です。

通勤形の最大勢力で、小田急を訪れると一番頻繁に見かける車両ですが、個人的には小田急らしさを感じない車両です。

自分の中では、小田急の通勤車といえば.もう引退した5000形あたりを連想するのですが、それは古い考え方であり、今どきの若いファンから見れば、やはり3000形や4000形が小田急らしい車両なのでしょう。

3000形の車体の製造では、京王9000形や京成3000形同様、日車式のブロック工法が使用されていますが、前面デザインもなんとなく京成3000形と類似しています。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する