ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


最近導入された、新1000形の1800番台車です。

まさか、写真を撮り始めてすぐにやってくるとは思っていませんでした。

1800番台車は、4両編成2本が導入され、とりあえず2本併結の形で3月から運用に入りました。

この車両ほ特徴は前面が貫通型になったことで、今までとは違う新しい京急の顔がまた一つ誕生したことになります。

車体は、従来同様ステンレス製無塗装車ですが、 側面には全面的にラッピングを施し、アルミ塗装車と同じような「京急カラー」を表現しています。

伝統の京急カラーをなんとか守ろうとする同電鉄のこだわり・姿勢には、ファンの一人としては大歓迎です。

1800の写真は、満足したものが撮れていないので、またあらためて撮影に訪れたいと思っています。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する