ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


2100形の青編成が、何ともユニークな装いで走っていました。

これは、京急と台湾鉄路管理局(台鉄)の友好鉄道協定の締結1周年を記念して、青塗装の2133編成に対して台鉄風のラッピングを施したものです。

この台鉄風ラッピング車の運行は、当初は今年の2月22日から3月26日までの1ヶ月程度の予定でしたが、好評のため6月上旬までしたが延期されたとのことで、撮影したのは5月上旬だったのて、この列車を撮ることができました。

側面の青地に白帯は新鮮で、全体にデザインもまとも仕上がりかっこ良かったのですが、前面スカート(黄色と黒の踏切色)だけはイマイチ馴染めなかったです。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する