ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


前回に続き、京急600形です。

京急線や京成線などを利用するとき、頻繁に見かける印象がありますが、保有車両数は意外と少なく88両が在籍しています。

因みに、1500形は158両、2000形は80両、新1000形は最新の状況は把握していませんが、2015年3月末現在で328両です。

1500形の後に登場した為、初期車からアルミ車体とGTOサイリスタ素子によるVVVFインバータ制御が採用されました。

1994年から1996年に製造されましたが、その後は車両の増備が2100形に移行され、さらにその後の一般車はオールロングシート車の新1000形によって増備・老朽車の置き換えが行われた為、京急の一般車としては車両数は少なくなっています。

とはいえ、京成成田スカイアクセス線も含めた、各社直通運用に対応しており、引き続き当面は、快速特急などの優等列車での活躍も続くものと思われます。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する