ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


京急1500形の並びです。

京急でもっと地味な車両ですが導入された車両数は多く、1985年から1993年の間に166両が製造されました。

但し、2012年に発生した土砂崩れによる脱線事故て大破した8両が廃車になっているので、現在の保有車両数は158両です。

1500形が製造された時期は、新しい鉄道車両に対する技術、特に電車のVVVFインバータ制御方式に関する技術形著しく進歩しました。

この為、1500形では初期車では、界磁チョッパ制御となりましたが、1990年以降の増備車からGTO素子によるVVVFインバータ制御が採用されました。

他の私鉄などでも同様で、同じ形式の車両で製造時期によって制御方式の異なる例は沢山ありますね。

なお、界磁チョッパ制御車については、現在IGBT素子によるVVVFインバータ制御への交換・改造が順次行われています。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する