ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


千葉ニュータウン鉄道の9000形です。

車体は、京成3500形や北総鉄道7000形などと同様のセミステンレス構造です。

セミステンレス車は、車体外板はステンレスのため腐食に強いのですが、内部構体は普通鋼であり、異金属間の電食が発生するので、鋼体部分の劣化は普通鋼製車よりも早く、車体の寿命は短くなってしまいます。

実際に、京成3500形の車体更新工事に想定外の費用がかかった為、途中で打ち切られて未更新車が廃車に追い込まれたのもこうしたことが関係していますし、北総7000形は既に引退しています。

千葉ニュータウン鉄道9000形も、在籍していた2編成のうち1編成は2013年に廃車となり、現在は残り1本が活躍しています。

今後、この車両もいつまで見られるか分かりません。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する