ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


北総鉄道(北総線)は、一般的にはこの京成高砂駅-印旛日本医大駅の32.3キロの路線です。

しかしながら、純然たる北総線は京成高砂-小室間の19.8キロのみで、小室-印旛日本医大の12.5キロは、千葉ニュータウン鉄道が保有し、北総鉄道が第二種鉄道事業として運営しています。

さらに、印旛日本医大から先の成田空港方面(成田空港高速鉄道との接続点)までは成田高速鉄道アクセスの保有になっていて、京成高砂ー印旛日本医大間を含めて、京成電鉄も第二種事業免許を取得して、スカイライナーや空港アクセス特急を走らせています。

その為、北総線内では北総、千葉ニュータウン、京成、及び直通する都営浅草線や京急の様々な車両が走る、複雑で面倒なって状況です。

それゆえ、鉄道ファンにとっては面白く興味深い路線でもあるのですが。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する