ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


京成3600形です。

8両編成化の際に余剰となった制御車を電装化して組成された6両編成1本を除き、先頭車は制御車となっていることから、都営浅草線(押上-西馬込間)は入線可能ですが、京浜急行線には乗り入れることはできません。

また、北総線や成田スカイアクセス線乗り入れの対応もされておらず、6両編成最長の千葉線・ちはら線や4両編成限定の金町線でも運用できないことから、もっぱら本線内の快速特急や特急(京成上野-成田空港間)や西馬込-京成佐倉間の快速などを中心に運用されています。

上記の6両編成1本を除き、制御方式が界磁チョッパ制御と旧式ですが、他社のようにVVVFインバータ制御化する動きは、今のところありません。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する