ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


東急5000系の6扉車です。

6扉車の導入は、5000系デビュー当時から行われたものではなく、2005年2月以降順次実施されていきました。

田園都市線の混雑はかなり深刻になっていたと思われ、2010年6月では10両編成のうち6扉車を3両連結した編成が15本となり、朝ラッシュ時には活躍していました。

東急側では、2020年までにホームドアを設置しますが、これに対応しない6扉車45両は全て4扉車に置き換えられることになりましたが、置き換えは既に2016年1月から開始されています。

ホームドアの導入による6扉車の置き換えは分かるのですが、混雑緩和を目的に6扉を入れたのに、それを元の4扉車に戻して、混雑緩和の問題は大丈夫なでしょうか?

問題ないとすると、わざわざコストをかけて4扉車を6扉車置き換えた効果、意味はあったのか、疑問が残るところです。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する