ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


京成津田沼駅構内の引き上げ線から折り返しホームに入線する3600形です。

3600形は、1982年に当時の旧型車置き換え用として登場した車両です。

その車体のデザインから、それまで製造されていた3500形のモデルチェンジ車のようにも見えますが、中身は全く異なり、京成通勤車としては初の界磁チョッパ制御やT形ワンハンドル式マスコン、実用化されつつあった軽量オールステンレス車体など、当時の新しい技術が積極的に採用されました。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する