ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


京成電鉄3000形の軽量ステンレス車体は、日本車両製造のブロック工法という技術を使って製造されています。

これは、車両の側構体を車端まどブロック、中間窓ブロック、側入口ブロックなどいくつかのブロックに分けて、それぞれ製造したものを溶接して1つの車体に仕上げるというもので、通常よりも低コストで車両が製造できるそうです。

同様に、この日車のブロック工法によって製造された車両としては、京王9000形や小田急3000形、名古屋鉄道3300系などがあり、これらの車両の側面を見ると京成3000形と似たような外観になっています。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する