ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


銚子電鉄、笠上黒生駅のポイント切り替え用の手動レバーです。

この駅で列車交換を行う場合、下り列車(外川方面行き)に構内入線の優先権があるので、上り列車(銚子方面行き)は、下り列車が駅構内に入るまで、その手前(場内信号機の手前)で待つことになります。

写真の手動レバーは、かつては使用されていたと思われますが、現在はスプリングポイントとなっているため特に切り替えの操作は行われていません。

2014年にここのポイントで脱線事故が発生していますが、それ以降はポイントの手前で一旦停止、構内進行速度は時速10Kmとなっています。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する