ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


京成電鉄の100周年を記念した3300形のリバイバル塗装は、既に紹介した、青電、赤電、そしてこのファイアオレンジの3色が登場しました。

このファイアオレンジ塗装は、塗装工程の簡略化などによるコスト削減を図る目的で実施され、普通鋼製の一般車が1980年から1982年頃までにこの塗装になり、1993年頃まで使用されていました。

この塗装、それほど悪くはないとは思いますが、当時はあまり評判は良くなかったようです。

写真の3312編成は、2009年9月にこの塗装に変更され、2013年3月に引退するまでこのまま運用されていました。




関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。