ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


かつて常磐緩行線で運用されていた207系です。

国鉄初のVVVFインバータ制御車で、簡単に言えば、205系の車体をベースに、先頭を貫通型に変更して、制御機器を上記のインバータ仕様にしたといったところ。

結局、当時はVVVFインバータ制御はまだ製造コストが高かったことから、試作車900番台の1編成型作られたのみで量産化は行われませんでした。

運用範囲も広く、機器類が特殊ということもあり稼働率も他のみ203系よりも少なく、僅か1編成の207系にお目にかかる機会は少なく、自分も1~2回程度しか見かけませんでした。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する