ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


203系は、サイリスタチョッパー制御にアルミ車体と採用、当時の国鉄としては非常にこだわった車両でした。

乗り入れ先の営団地下鉄では、やはりアルミ車体に電機子チョッパー制御、回生ブレーキと当時の最新技術を取り入れた6000を導入し、省エネルギー車両を全面的に導入していたのに対して、国鉄側は抵抗制御車の103系1000番台を8M2Tの高い電動比率で導入していた。

このため、両者の消費電力の格差から、営団側から改善を求められ、清算される電力量の差額を会計検査員から指摘を受けるほどになっていたそうです。

このため、国鉄としてはなんとか早くこの問題を解決したかったようで、201系によるサイリスタチョッパー制御技術の量産化が軌道に乗った段階で、他路線に優先して常磐緩行線に省エネ車を導入すべく、203系が登場しました。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する