ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


常磐線の415系1500番台は、付属編成(4両編成)しかなく、通常は普通鋼製の401系・403系・415系の基本編成や付属編成と併結して、11両~15両編成で上野まで顔を出していました。

写真は その併結部分の様子。

東海道本線の113系と東北・高崎線の115系と、211系とは、ブレーキ系統が異なり編成の単位も異なる為、試運転や車両故障時など特殊な場合を除き、基本的に併結運転は行われていませんでしたので、この異なる顔が併結されている様子は、関東では常磐線でしか見ることができませんでした。

415系1500番台車は、利用者にとって見れば211系と同じで、415系よりも乗り心地は良かったので、自分などは好んでこちらの車両に乗っていました。




関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。