ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


京葉線205系の転入車は、103系などの置き換え用として導入され、基本的には外房線や内房線への運用はなかった為、110Km/h対応改造は行われませんでした。

転入車のうち4本は量産先行車で、側面窓が上段下降・下段上昇の2段式で、扉窓が小さいのが特徴でした。

2007年から2009年にかけて、2編成が短編成の上、武蔵野線用に転用されましたが、それ以外はE233系5000番台導入後に廃車となり、一部が富士急行に譲渡されました。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する