ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


京葉線の205系メルヘンは、205系のグループとしては後期に作られたグループでしたが、本格的な編成毎の置き換え、廃車としては一番最初となりました。

京葉線が海の側を走り塩害による老朽化もそれなりに進んでいたことと、やはり故障や列車の遅れなどもあったため、引退が他の線区より早まったようです。

引退した205系メルヘン、10両編成12本のうち10本は、4両編成に短縮され600番台に改造、小山車両センターに転属しましたが、残る2本の短縮化で余剰となった中間車は廃車となりました。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する