ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


横浜本牧駅の構内は、高速道路の下に沿うように南北に長くなっていますが、レイアウトは少し変わっています。

ヤードの中あるコンテナホームを挟んで、左右にヤードが分かれて敷設されています。

根岸側から到着した列車は、一旦山側の側線に停車し、そこで機関車を機回しして推進運転で渡り線を経由して、海側のヤードに移動します。

その後、列車はあらためて機関車を先頭に連結し直して、本牧埠頭駅に向かいます。

このように、駅は根岸から本牧埠頭まで列車を直通できるような構造になっておらず、貨車が根岸駅から本牧埠頭駅に輸送される場合は、横浜本牧駅で面倒な荷役作業が伴う形となります。

マニアにとっては、この面倒な構内入れ替え作業が面白いのですが。

写真は、推進運転で列車が構内を移動するところを撮ったものです。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。