ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


大雄山線駅を訪れた時、コデ165は、駅より少し小田原側の最初の踏み切りを超えたあたりの側線で休んでいました。

インターネットで他の方のサイトなどを見ても、同じようにここで休んでいる写真を見かけるので、普段この位置に留置されていることが多いようです。

この側線の隣が公園になっていて、そちはからコデ165の床下などを観察することもできました。

公園で、近所の方がコデ165の事を「ドクターイエロー」と呼んでいたのが印象的でした。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する