ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


大雄山線に残る旧型電車、コデ165形です。

鉄道省モハ30166として1928に製造され、相模鉄道を経て、伊豆箱根鉄道では1976年からモハ165として運用されています。

1996年にコデ165に改造されて、現在は大雄山線内で機関車代わりに使用されています。

5000系の定期検査時にコデ165の牽引する甲種輸送が有名ですが、普段は、大雄山駅構内かその近くで休んでいます。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する